カジカ蛙の岸辺

アクセスカウンタ

zoom RSS プリムラは幸の微笑み

<<   作成日時 : 2009/02/01 22:07   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 プリムラの名前は「最初」という意味です。春早く咲く花にふさわしい名です。イギリスではプリムローズと呼び詩などに歌われています。そのイメージは黄色です。日本名のサクラソウとは対照的です
画像


ドイツの伝説にこんな話があります。リスベスはやさしい少女、昔々ドイツの片田舎に病気の母親と一緒に暮らしていました。母親をなぐさめようと、野原にサクラソウを摘みに出かけた日のこと。花の妖精があらわれて、リスベスに不思議なことを教えてくれました。「サクラソウの咲いている道を行くとお城があるわ。門の鍵穴にサクラソウをさしこむと、扉が開きます。さあ、お行きなさい!」リスベスがお城に行くと、そこには花の妖精が待っていて、たくさんの美しい宝物をリスベスにプレゼントしてくれました。リスベスが母親にこの宝物を見せると、母親のほほに赤みがさしてきて、病気が治ってしまいました。そこで、ドイツではこの花を「鍵の花」と呼んでいるのです。これはサクラソウが春を迎える鍵という隠喩にもなっています。
画像


病の母を慰めようとする娘の願いがついには母親の病すら治させたというこの話はいいですね。しかも、そこにプリムラが関わって、他者の幸福を願う気持ちが現実のものとなるという話は特に美しいです。プリムラが咲く野原を母と子が手に手をとって躍っている様が想像されます。プリムラは幸の微笑みを感じさせます。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
舟守さんはロマンチストでいらっしゃる^^
春に最初に咲くプリ村は幸せを運ぶ
カギになるのですね。

素敵な物語を紹介くださり
ありがとうございます。
とおこ
URL
2009/02/03 00:47
こんにちは(^ω^)
テンプレート変えられたんですね。
爽やかで素敵です。

プリムラ、可愛い花ですね。
それに伝説もすごく幸せで温かいです。
本当にプリムラが春を運んでくる、そんな気がしました。
ルチル
URL
2009/02/03 14:50
とおこさん、こんばんは。
返信が遅くなってしまいました。
プリムラを「プリ村」とお書きになったところに、とおこさんの詩情がありますね。
プリムラが咲く野原に、一気に、牧歌的な雰囲気が加わって、美しい村が現出しました。
ありがとうございます。
舟守
2009/02/04 00:07
ルチルさん、こんばんは。
プリムラの色合いは鮮やかな輝きを放っていますから、まだ寒い季節にあっても早春のイメージを感じさせてくれるのだろうと思います。
プリムラは可愛い花ですよね。
でも、ルチルさんの作品にはかなわないでしょう!
舟守
2009/02/04 00:15
こんばんは〜ごめんなさい〜遅くなりました★
ドイツの伝説、そんな言い伝えがあったと思うと、またプリムラをみる時の眼差しが変わることでしょうね。
室内では冬の間次から次へと花を咲かせてくれますね。幸せを感じて微笑んでいるようです。
ありがとうございました。
popo
URL
2009/02/04 18:55
popoさん、こんばんは。
本当におっしゃるとおりですね。ドイツの話は、ほのぼのとした人間愛を感じさせてくれます。その感覚のままにプリムラを見直すことができます。見方が変わりますね。
次々と咲く花の勢いは嬉しいものです。元気をいただく感じです。
いつも素敵なコメントに感動です。ありがとうございます
舟守
2009/02/06 00:31
可愛いですね〜
先日、お花屋さんの前で見かけました。。。
あ〜 この花だぁ〜、って
嬉しくなりました。。。
お陰様で、
花の名前が覚えられました〜
rerere
2009/02/08 20:07
rerereさん、こんばんは。
プリムラは可愛い花ですね。
花屋の店頭に見ましたか。
派手さは全くありませんが存在感のある花ですね。
これから、rerereさんのお好きな花の一つに加わりそうですね。
舟守
2009/02/08 20:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

マイリンク集

プリムラは幸の微笑み カジカ蛙の岸辺/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる