自立への旅 

この写真は、ブログ「じゅげむ*じゅげむ」「気ままに一枚」の「みなみさん」のお写真「どの風に乗っていこう」です。
添え書きに「まん丸の綿毛でした。飛んでいかないように そーっと近づきました。綿毛たちは『ねぇ、どの風に乗る?』『私は緑の風』とかって会話をしていました」と書いておられます。素敵な言葉です。

画像
                        (2008.5.12 撮影)

   「自立への旅」

ふわり ふ~わり ゆら ゆらり
たんぽぽ綿毛の夢の旅

まだ見ぬ大地へ風に乗り
綿毛の気球にぶらり旅

ふわり ふ~わり ゆら ゆらり
過酷な自立の風の旅

父に別れて潔く 母に別れて報恩の
誓いの種は一人旅








 

この記事へのコメント

2008年09月10日 09:11
舟守様おはよう御座います。綿毛《自立への旅》
<ふわり、ふ~わり・・・過酷な自立の風の旅>
そして、みなみ様の<ねぇ、どの風に乗る?>総て
小さい命への、慈しみ、が、とても伝わって来ました
次はどんな詩とお写真かな?楽しみにしてますので
よろしく、お願い申し上げます。  みみ
2008年09月10日 09:41
素敵な写真です。
綿毛たちの会話がホントに聞こえて
きそうで、微笑ましい一枚ですね。
シンシアK
2008年09月10日 12:20
とっても素敵な写真ですね。
言葉も素敵です。
自然の中からの大切なメッセージ
いつも受け取れるようにいたいものです。
舟守
2008年09月10日 20:32
みみさま、こんばんは
「慈しみ」という言葉が大好きです。また、意味するところも好きです。それを指摘していただけたのが嬉しいです。
この詩では、綿毛の旅を、吾が人生になぞらえて考えてみました。
舟守
2008年09月10日 20:39
みやこさん、ようこそ!
写真へのお褒めの言葉をありがとうございます。きっと、みなみさんが喜ばれることでしょう。嬉しいかぎりです。

舟守
2008年09月10日 20:44
シンシアKさん、こんばんは
「自然からのメッセージ」を感じ取るという言い方がいいですね。五感を澄まして対象に向き合わないかぎりメッセージを聴くことはできないのでしょうね。短い言葉にシンシアKさんの深さを感じました。
リラコ
2008年09月11日 09:01
おはようございます**
たんぽぽの綿毛の写真、撮りたいと
思いつついつもうまく撮れず☆
近づいたらこんなにきれいなんですね。
そしてこの綿毛一つ一つが風に乗って
旅をする。
一つ一つに命があるんですもんね。
なんだか素敵ですね^^
舟守
2008年09月11日 23:46
リラコさん、こんばんは~!
おっしゃる通りです。小さな命の旅ですね。
綿毛の美しさばかりに注目してしまいますが、
懸命な命のたたかいにも注目したいですね。
素敵ですね。

この記事へのトラックバック