上向きに咲く!

このお写真は「じゅげむ*じゅげむ」「気ままに一枚」の「みなみさん」が撮影されたものです。ドクダミは日陰に群生する花です。井伏鱒二の「黒い雨」の初版本の表紙絵がドクダミだったような気がします。広島の原爆投下の惨状を綴った「黒い雨」の表紙絵になぜこの花が選ばれたのか。初めて見たときにたいへんな衝撃を受けたのを覚えています。

画像
                       (2008.6.11 撮影)

「ドクダミの花]

ドクダミ!
その名の由来は「毒を止める」
古来、「十薬」とも呼ばれた。

多くの人々を救いきた薬草は
その力を求める人に
静謐に温かな眼差しを注いでいる。

日陰に群れ咲く初夏の花は
ほの暗い樹陰に白い花を咲かせ
清楚な輝きを放ちながら
いつも上向きに咲いている。

ドクダミは
上向きに咲いている。

この記事へのコメント

シンシアK
2008年09月11日 08:10
この植物をむしると、すごい香りがするのであまり好まれませんが、口にして苦いものや、このようにいい香りのしないものほど体には有用なものが多いですね。ある意味、人もそうなのかも知れませんね。
普段はひっそりとして、存在感がなくともいざという時に頼りになったり、辛口のコメントをくださったりする人は大事にしないといけないのでしょうね。
舟守
2008年09月12日 00:00
シンシアKさん、こんばんは
たしかにドクダミの匂いは強いですね。しかし、人体には役に立つ有効な成分をたくさん含んでいます。
ある意味、人もそうかも知れないと感じるシンシアKさんの考えは多くの経験に裏付けられたものなのでしょうね。
いずれにしても、他者を大切にしようとする考えに同感です。これからも、よろしくお願いします。
2008年09月12日 11:42
舟守様 ドクダミ、、庭に初夏に自生してて、なんとなく、通り過ぎてました、可哀想だったですね、来年改めて、慈しんで上げましょう(十薬とも、、はじめて、知りました)年甲斐も無く何と無知でした。
一つに白い花が、しかも、上向きに、頑張ってるのですね。自然の摂理、、意味を持って、生えてる・
随分お勉強させて頂くことばかりです、有難う御座いました。           みみ
舟守
2008年09月12日 22:23
みみさま、こんばんは
無知だなんてそんなことはございません。
ある作家は言いました。「己の無知を知る。学ぶとは言うなり」と。
学べば学ぶほど自分の知識のないこと知るのです。故に、無知の自覚は「学んでいること」の証左となります。

この記事へのトラックバック