テーマ:讃歌

初冬に、花よ、輝け!

暦は既に冬ですが、花たちは思い思いにその個性を輝かせて懸命に咲いています。生命讃歌の思いをこめてアップしました。 海深き珊瑚のごとく赤々と燃ゆる思いを君にささげむ この花は、Kochia(コキア)。19世紀のドイツの植物…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

がんばれ!コリウス!!!

コリウスの和名は、キンランジソ(金襴紫蘇)。別名はニシキジソ(錦紫蘇)。金襴緞子の「キンラン」、錦織の「ニシキ」と名付けられたコリウスは、いずれにしても華やかさが売りのようです。この葉をよく見ると、さまざまな種類がありますが、確かにどれも華やかでした。原産地はインドネシアだそうです。シソは中国原産ですから、こ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

畑の花々のかがやき!

ここに紹介する花々のかがやきは、わが家からほど近い畑に見られるものです。 花が大好きな農家の方なのでしょう。 野菜を栽培しながら、同時に花を植えておられます。 花が鉢植えよりも健やかに感じまられすが、これは私だけの感想でしょうか。 いかがでしょ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

秋の終わりの庭

アメジストセイジです。鉢植えです。まだ日が浅いので大きな枝になっていません。ある程度の大きさになったら見ごたえのある花になるでしょう。楽しみです。紫の花びらから赤い舌先のようなものが伸びてきて、豪華さが加わります。葉はミントのように毛で覆われています。  {%クローバーweb…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

初雪蔓(ハツユキカズラ)の朱色

こんなにも情熱をたぎらせて赤く燃えています。秘めた思いで胸を焦がしながら、初雪蔓はまもなく迎える雪の季節にのぞもうとしています。誰人も知る由もない蔓の思いを、その朱色の姿から想像するばかりで何もできずにいるもどかしさ。ただただ、蔓の思いが満たされるようにと祈る。 {%クローバ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

静謐なる夕景

これからは夕焼けが美しい季節になります。湿度が低くなり乾燥が増すと、透明感が増し、ますます夕焼けは美しくなります。夕景は、刻々に微妙な変化をしながら感動の時を刻みます。夕焼けもよし。夕焼けの直前もよし。また、夕焼けの直後もよいものです。 今回、敢えて、夕景の絶頂に至る過程を三枚の写真で紹介します。{%クロー…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ソバ畑のきらめき

椅子に座って、午後の鮮やかな光を浴びながら、ソバ畑を見ていて、私は「ソバ畑のきらめき」を感じました。清らかな空気や水分を、全身に吸い込んだに違いないと思われる程の、ソバの清新な輝きが発光されているのをはっきりと感じとりました。                       …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寄り添うように!

タマスダレ(玉簾、珠簾)です。素敵な命名ですね。玉簾は「すだれ」のことを美しく表現するための美称と言えます。さて、この花は今あちこちで咲いているヒガンバナの仲間に入るヒガンバナ科です。南アメリカの原産。属名はゼフィランサス。気温さえ高ければ四季を通じて咲くので「四季水仙」とも言われます。純白の可愛い花ですね。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

紅白の対照の美を!

自然の造形はなぜもかくに美しいのでしょうか。同時に、美しい品種を求めて改良を続ける人間の能力の高さにも驚きます。驚くだけではなく、自然界の生命への畏敬、人間という存在への畏敬を覚えます。この二つの花は、一方は桜色で、他方は白色。異なる色合いを示しながら、共にそれぞれの美しさを誇っているようです。多様なものの美…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

曼珠沙華(ヒガンバナ)が開花!

わが家の鉢植えの曼珠沙華(ヒガンバナ)が開花しました。白色の曼珠沙華です。鉢植えにして10年。3年前から咲くようになりました。この曼珠沙華の名の由来は、梵語「Manjusaka」(表記が少し異なります)「天上に咲く花」の意味だと言われます。天女の羽衣のような花びらが繊細です。そして、朱色の華も、白色の華も、そ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more