テーマ:生きる

「明日の空へ」

国立昭和記念公園の中にあるこの彫刻の作品名は「明日の空へ」だそうです。作者はわかりません。若者たちの伸びやかな肢体。その若者たちに集まる多くの鳩。その造形からは希望や自由、未来や平和が感じられます。逆光でしたが、そのシルエットを撮ってみたいと思いました。光と影は共存します。ゆえに、その両面をしっかり見つめて…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ヒメヒマワリは黄金のかがやき!

秋の透明感のある陽光の中で、ヒメヒマワリの花びらが黄金に輝いています。いくつもの花びらが、それぞれに輝いています。花は、私たちに語りかけ、癒し、ほのぼのとさせてくれます。花は不思議な力を持っています。それなのに、路傍の花をなぎ倒したなどという理解しがたい事件が起こるようになりました。人間よ、しっかりしてくださ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

秋桜のささやき

秋桜は可憐な夢を描いているようです。一つ一つの花は清楚で、たおやかですが、群れ咲くさまは豪華で、まさに春の桜のように感じられます。頼りなげな葉、花びら、茎、それらの弱そうな雰囲気に、秋桜の特徴があるように感じられます。それゆえに、秋桜は愛らしく、可憐で、頼りなげな美しさを表現しているように感じられます。 「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花の中に飛び込みた~い!

この花の名を教えてください。なんという花でしょう。花の数が非常に多いことに驚きました。 石門の堅牢な背景に、かすかに紅をおびる白い蝶のごとき花の対照をよきバランスと感じて撮ってみました。望遠が効かないカメラを残念に思いつつ挑戦してみました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中秋の、樫のどんぐり

なんと見事な造形でしょうか。近くの公園に数本の樫の木があります。その樫の木の中に実が熟れている木がありました。実の形に目を凝らすと、その美しさは驚嘆するほどに完璧でした。 今日は中秋の名月。満月の欠けることなき円満な姿は、誰人をも幸せに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

上向きに咲く!

このお写真は「じゅげむ*じゅげむ」「気ままに一枚」の「みなみさん」が撮影されたものです。ドクダミは日陰に群生する花です。井伏鱒二の「黒い雨」の初版本の表紙絵がドクダミだったような気がします。広島の原爆投下の惨状を綴った「黒い雨」の表紙絵になぜこの花が選ばれたのか。初めて見たときにたいへんな衝撃を受けたのを覚え…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山里の技師

ようこそ! この写真は、ブログ「じゅげむ * じゅげむ」や「気ままに一枚」の「みなみさん」のお写真です。みなみさんのお写真にはいくつかの特色があります。その一つは幾何学的な文様を写しだす力にあると思います。今回はその特色を表現していると思われる作品「山里の技師」(2007.10.8撮影)を紹介します。美しいお…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

漁火

この「漁火」の写真もブログ「じゅげむ * じゅげむ」の「みなみさん」のお写真です。私が初めて拝見したみなみさんのお写真で、大変な衝撃を受けたことを思い出します。この「漁火」のお写真は何枚かアップしてあった中の一枚ですので、是非とも「じゅげむ * じゅげむ」をお訪ねくださってそれらの素敵な写真を御覧ください。{…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生きるということ

蜘蛛が、蜘蛛の巣にかかった蝉を餌食にする一部始終を見ました。その酷(むご)さを感じると同時に、「生きるということはこういうことである」ことを深く感じた瞬間でした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more